事故になる前に!6歳未満の子供にはチャイルドシートが必要です

交通事故と言うのは起きてから悩んでも意味がありません。取り返しのつかないことになってしまうのを防ぐ意識を持つことが大切と言えます。
そういった意味では、ドライバーがシートベルトを着用することは厳守と言えます。これだけ着用が叫ばれていても、シートベルトの未着用は起こりつづけて被害も出ています。
なお、シートベルトと同様に着用を意識しておかなければならないのが、チャイルドシートです。気を付けたいのは、チャイルドシートの着用には年齢の決まりがあると言うことです。
2000年に道路交通法が改正されて、6歳未満の子供はチャイルドシートの着用が義務付けられることになりました。もし違反した場合には、行政処分の基礎点数が1点加わることになります。
法律で決まっているから、罰則があるから、と言うことではなく、子供の安全につながることですから、きちんとチャイルドシートを着用して車に乗せることが大切と言えます。
なお、これは子供の安全につながるだけでありません。6歳未満の子供となると、結構動き回って元気のある年頃です。車内でそういった状態でいられたら、ドライバーである親が集中できないことになり、危険ですから、そういった意味でもチャイルドシートの着用は重要と言えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿