運転行為と刑事罰の関係性

自動車の運転を行う際のルールは道路交通法に定められています。飲酒運転やひき逃げを行った場合は道路交通法違反で処罰されます。また事故を起こして相手にケガを負わせたり死亡させた場合には自動車運転死傷行為処罰法によって処罰されます。このような場合に刑事罰が課せられたことになり前科が付くことになります。駐車禁止等の軽微な道路交通法違反についても原則としては同じことになりますが、軽微な違反の場合は反則金を払えば前科の対象にはなりません。ただし違反で摘発されたことに納得がいかない場合は刑事裁判で争うことになりますが、裁判で負けてしまうと軽微な道路交通法違反であったとしても前科が付くことになります。要はガタガタ言わずに反則金を収めておけばお目こぼしをしてやるということです。さて飲酒運転で人身事故を起こしてした場合やひき逃げの場合は実刑になる可能性があります。死亡させた場合はほぼ100%実刑になり刑務所へ収監されます。また最悪の場合、危険運転致死傷罪になってしまうと殺人と同じ位の刑期になることもあります。なので飲酒運転は全く割りに合わない犯罪と言われ、絶対にやめておいた方が無難です。ひき逃げも同様です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿