凍結路面での空転の危険性

FRというのは操舵と駆動を別々にしていることから、バランスの良いのが魅力ですが欠点もあります。
それは凍結路面に弱く、空転をしてしまうことが多いというものがあります。

FFの場合には一番重たいエンジンの下に駆動輪があるので、凍結路面であってもタイヤにトラクションがかかりやすく空転してしまうということは少ないものとなっています。
4WDの場合には4輪が駆動するため駆動輪が多い分だけ、空転するおそれが少なくなります。

しかし、FRの場合には軽い後方のタイヤが駆動するのでトラクションがかかりにくく、タイヤが空回りしてしまいやすくなるのです。
そのため、特に発進の時にはスリップをしてなかなか前に進むことができないということが少なくありません。
また、走りだした後であっても他の駆動方式と比較をして滑りやすいのは確かであり、特に横滑りしやすい欠点があるので冬場の走行安定性は大きく低下してしまうという欠点があります。

FRというのは運動性能に優れた駆動方式ではありますが、凍結路のような滑りやすい路面ではタイヤが空転してしまいやすいという欠点を持っているのです。
そのため、FR車に乗ろうと考えている場合にはこのような特性をよく理解しておく必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿