低公害車の特徴と定義

gf0780078654l低公害車を簡単に定義しますと、大気汚染物質の排出量が少なく、環境への負担がより少ない自動車のことです。大気汚染物質には、一酸化炭素や二酸化炭素、さらには窒素酸化物などが含まれます。これら汚染物質の排出量が少ないということは、温暖化を予防する点で非常に大きな役割を果たすことができるのです。この種の自動車は主に5つの種類に分けることができます。電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ハイブリッド自動車、さらには圧縮空気車と呼ばれるものです。このうち電気自動車は、バッテリーからの電気によってモーターが動き、走行が可能になります。そのため、排気ガスを全く出さないというのが大きな特徴となっています。天然ガス自動車はガソリンに代わって天然ガスを燃料にしています。またメタノール自動車はガソリンに代わってメタノールを燃料にしています。そのため、普通の自動車に比べて二酸化炭素などの排出量が少なく、当然環境にもやさしいという特徴があります。さらにハイブリッド自動車に関しては、ガソリンと電気の両方を使って走行させます。普通の自動車と比べて燃費が良いため、ガソリンの使用量は少なく、結果として二酸化炭素の排出量を減らすことができるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿