速度が速すぎても遅すぎても燃料消費量は多くなるって知ってました?

テーブル速度を出し過ぎると自動車の燃料消費量が増えるのは当然のことですが、そのためすこしでも燃費を良くしようと常に低速で走り続けているという人もいるのではないでしょうか。
しかし、実はこのような走り方もまた燃費を悪化させる原因となるのです。

つまり、自動車というのはスピードを出しすぎても出さなすぎても、燃費が悪化してしまうのです。
これはエンジンの効率のよい部分というのが、低速と高速の間ぐらいにあるため低速で走り続けているとその分、燃費が落ちてしまうのです。
これを人間でたとえるなら、自転車を目一杯こぐとスピードは出ますが体力を消耗してしまいます。
この体力の消耗が自動車で言う燃費に当たる部分なのですが、それでは自転車を極めてゆっくりと漕いだらどうなるかというと、やはり勢いがつかない分だけ体力を消耗してしまいますよね。
自動車というのもこれと同じような状況で、速すぎてはエンジンのパワーを必要となるので、燃料を消費してしまいますが、遅すぎても勢いが無いためやはりエンジンパワーを必要としてしまい燃料を余計に消費してしまうのです。
そのため、できるだけ燃料を節約したいというのであれば、適度のスピードを出して走行する必要があるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿