指示標識とは

指示標識とは道路法や道路交通法に基づいて、路側や道路情報に設置され、4種類からなります。第一は、道路利用者に路線名・行く先・距離・高速道路入り口案内などの経路案内や、行政境界・地名・駐車場・SA・料金所などの道路サービス施設情報を提供する案内です。第二は、交差点や道路方向の屈曲や幅員変化などの道路形状や交通量についての予告や警告、さらに工事・路面状況・気象状況などを示す警戒標識などです。第三は、速度規制・駐停車規制・通行規制などの交通上の禁止や制限・指定情報を伝える規制標識などです。第四は、駐停車可・優先道路・中央線指定・横断歩道など、運転者・歩行者に許容される内容を伝えるものです。

軌道敷とは道路上に路面電車が通行するのに必要な併用軌道のことです。敷石や線で示されています。車両は道路を右左折・横断・転回するので、危険を避ける時以外は軌道敷への進入は禁止されているのが普通です。ただし路面電車の通行を妨げない範囲で軌道敷内通行可とされる場合もあります。それは第一に、道路左側から軌道敷を除いた部分の幅員が当該車両の通行に不十分な時、第二に、当該車両が道路の損壊や工事その他の障害のため左側部分から軌道敷を除いた部分を通行することができないとき、第三に「軌道敷内通行可」の標識による時、です。

優先道路とは、交差する複数の道路のうちどれか一つの通行が優先されるという道路交通法上認められた道路です。具体的には、そのことを示す標識がある、交差する相手側道路に規制標識がある、中央線や車両通行帯などの道路標識が交差点の中にまで連続して設けられている道路、を指します。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿