交通公害の防止

}PgžxQ戦後日本の社会は急速に発展してきました。それはあらゆる分野において顕著に現れており、世界中から一目を置かれる世界でも有数の発展した国と言われています。しかしながら、その急速な進化と引き換えに色々な公害問題が発生しているのも事実です。高度経済成長期には四日市ぜんそくや水俣病などの深刻な公害が問題となりました。今現在発展途上国で起こっているような公害が、過去には日本でも発生していました。しかしながら、現在では厳しい基準が設けられてそのようや公害はかなり減少しています。しかしながら、現在でも中々解決に至らない問題も存在しています。それは交通公害です。これは、車や電車、飛行機などによって発生するもので今現在深刻な問題わ、抱える地域が数多く存在しています。車の排気ガスや電車、飛行機による騒音問題など解決するには難しいことが多く、国が動く必要のある大きな問題となっています。これを防止するためには、まずは車を使用している人が無駄なアイドリングを減らしたり、制限速度などもしっかりと守って運転をすることが第一歩と言えるでしょう。小さな事からしっかりと行っていくことで、少しでも問題を緩和していくことが求められています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿