交通規制などを示す標示板って?

交通規制などを示す標示板っていうものは、標識と呼ばれ、車で走行している人にとっても分かりやすい位置と大きさで表示されています。その種類はさまざまであり交通規制、方向指示、警戒、案内などの内容によってデザインも変わってきます。方向指示を示すものは青色で白い矢印によって表現されており、矢印で表示された方向以外は進行することが出来ないという指定方向外進行禁止をあらわすものがあります。また警戒をあらわすものはひし形のプレートに黄色い地で黒色のシンボルで表示されています。
また表示板には、シルエットや矢印のみをあらわす単純なデザインのもの以外にも、文字や数字が補助的に入っているものもあります。交通規制の場合でしたらその時間帯が表示されていることがあります。表示の仕方は数字のみのシンプルなものとなっています。車を運転している人がパッと見て分かりやすいように必要最低限の文字や数字で構成されており、あまり多くの言葉を使いません。
また道路に直接標示があるものもあります。速度制限や止まれの指示などで、停止線のあるような場所ではこのような指示が標示板と道路上の両方に渡って表示されていることが多いです。最近では夜間走行でも見えやすくするため光るものやライトの光に反射される素材のものも登場しました。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿