回転半径が小さくローテーションが少ない

FR(フロントエンジン・リアドライブ)の車のメリットとしては、最小回転半径が小さいということと、タイヤの摩耗が少ないということが挙げられます。最小回転半径とはハンドルを目一杯にきって、車を旋回させたときに、地面に描かれる最も外側のタイヤ跡の半径のことをいいます。この最小回転半径が小さい車というのは、小回りのきく車ということができます。そして、最小回転半径はFF(フロントエンジン・フロントドライブ)の車よりもFR車の方が小さいのです。これは、FR車がFF車よりも舵角が大きく取れることが理由です。舵角とは自動車のハンドルやタイヤの切れ角のことです。また、FR車はFF車に比べて、タイヤの摩耗が少ないという特徴があります。FR車は後輪が摩耗しやすく、FF車は前輪が摩耗しやすいですが、制動力やコーナリング力、駆動力が集中的にかかるFF車の前輪に比べ、FR車の後輪は摩耗しにくいのです。一般的に、FF車の前輪は、FR車の後輪の2倍の早さで摩耗すると言われています。このため、FR車はFF車に比べてタイヤのローテーションの頻度も少なくて済みます。目安としては、FR車で走行距離1万キロ程度とされています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿