FR(フロントエンジン・リアドライブ)の嬉しいメリット

FR(フロントエンジン・リアドライブ)は、フロントのボンネットの中にエンジンを搭載し、後輪を駆動させて動くクルマのことを言います。かつて多くのクルマがこの後輪駆動を採用していましたが、今は小型車の多くはコストが安価なFFの前輪駆動を採用し、後輪駆動車はスポーツカーや高級車、バスやトラックなどの多くに採用されています。

FR車の特徴は、駆動輪と操舵輪が違うことです。このことから様々なメリットが生まれます。たとえば操舵は前輪、駆動は後輪と役割を分担することによってタイヤ性能に余裕が生まれます。これにより高出力エンジンを搭載することができるようになり、高出力エンジンを搭載することが多いスポーツカーやバズ、トラックなどに向いた駆動方式となります。

また、前輪を操舵のみに使うことができるので、前輪の切れ角が大きくなり、最小回転半径がFFよりも小さくなります。ここにスポーティなサスペンションと組み合わせることで、スポーティで軽快なハンドリングが可能になります。さらに、後輪を滑らせながらカーブを曲がるドリフト走行などもFR車の得意とする走行方法です。ただFFに比べると若干直進安定性には欠けてしまいます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿