FR(フロントエンジン・リアドライブ)の特性

今でこそ車の主流はFF車ですが、車の黎明期から1970年代後半あたりまではFR車が主流でした。FR車は後輪が駆動し、前輪で操舵します。前輪と後輪で役割を分けた方が自然という考えです。例えるなら豹などの四足動物です。彼等は後ろ足で大地を蹴り前足で舵を取っています。FF車との比較では、後輪に強力なトラクションをかけられるため、ハイパワー車に向いています。言い換えればFF車では同レベルにおいてFR車ほどのハイパワー車は作れません(勿論例外はあります)。アンダーステアに関しても、FF車ほど前輪に負担がかかりませんから比較的発生しにくい特性を有しています。FR車は後輪を駆動させるために前から後にプロペラシャフトを通しています。これは、重くなりやすいというデメリットがありますが、結果的に車体バランスを良好化できるというメリットもあります。BMWが久しくFRを採用する理由のひとつがこれです。もうひとつ、最大の魅力は何といってもテールスライド、ドリフトができるということです。テールスライド、ドリフトといったものは、ややもすると稚拙の対象になりがちですが、ことスポーツカーにおいて~タイムアタック等、実用的であれ、ドライビングの楽しさ本位のものであれ、FFでは到底得がたい大きな魅力になっているのは紛れもない事実でしょう。対してメルセデスや国産の上級車がおしなべて後輪駆動を採用するのは、冒頭で述べた前輪と後輪で操舵と駆動を沸けることによる自然な走行感覚を得るのが大きな理由です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿