FRは車を操る楽しみを実感できる

FRという駆動方式はフロントタイヤで舵を切り、リアタイヤで駆動するので前後のタイヤで役割がはっきりと分かれています。
ステアリング操作に対して素直な動きをみせ、FFなどのように強いアンダーステアを見せる傾向の駆動方式と違い、ドライバーのテクニックに応じてさまざまな動きを見せます。コーナーの脱出などでアクセルを踏みすぎるとパワースライドを起こしテールが流れるのも特徴です。
素直な反面ドライバーのテクニック次第で危険な動きも見せるのでハイパワーになるほど初心者には扱いが難しいともいえます。
加速中はリアが沈み込み加重がかかるので、リアタイヤで駆動するFRはしっかりとリアを沈み込ませタイヤのグリップ力を発揮させることでトラクションを稼げます。上級者になるとコーナリング中はステアリング操作以外にもアクセルワークで車の向きを変えることが出来るので、駆動の役割があるリアタイヤと舵を切るフロントタイヤの両方をあわせて曲がることができ、ハンドリングもドライバー次第でより素直なものになっていきます。
モータースポーツでは、意図的にリアタイヤのグリップを失わせテールスライドを引き起こし車体を横に向けてカウンターステアを当てながら走行するドリフト走行ができるため、FR車両が広く活躍しています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿