FRが採用される車とは

自動車の駆動方式のひとであるFR方式というのは、フロントエンジン、リアドライブを略したもので、ことばのとおり、自動車の前方にエンジンがあり、後方が駆動輪となっていることを意味しています。大衆車とよばれるような自動車では、実はこのFR方式ではなく、FF方式とよばれる、前方にエンジン、駆動輪も前輪といった駆動方式がとられることが多いものです。それではなぜFR方式の自動車があるかといえば、FR方式にはFF方式にはない、特有のメリットがあるためです。たとえば、FR方式の場合には、エンジンの動力をプロペラシャフトとよばれる部品によって、後輪に伝えるという構造になっていますが、エンジンと駆動輪が前後で別々に役割を分担していることから、走行しているときの振動も分散されて、乗り心地がよくなるというメリットがあります。また、FF方式に比べると前輪の切れ角が大きいため、ハンドル操作がしやすいといったメリットもあります。このようなことから、乗り心地や走行性能を追求した高級セダンなどでは多く採り入れられる方式となっています。そのほかにも、意外なところではスポーツカーにもFR方式がもっぱら採用されており、これは過酷なコーナリングなどでハンドル操作が重要になるうえ、FF車のように重心が前方にかたよらないという、FR車の特徴を踏まえたものなのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿