ドライビングテクニックが十全に発揮できる

自動車には四輪のタイヤがついています。前輪がハンドルを切ることで左右に動くことはどの自動車も同じですが、エンジンの配置と駆動輪はいくつか種類があります。
一般的にはフロントにエンジンがあることが多く、一部リアにエンジンが配置されているものもあります。駆動輪は前輪駆動か後輪駆動の場合と四輪駆動があります。
それぞれ自動車の特長を生かした駆動方式となりますが、スポーティな走りができるのはフロントにエンジンがあり、後輪駆動タイプとなります。これをFRといいエンジン配置がフロントということと、駆動輪がリアということでFRという呼び方をします。
FRがなぜスポーティな走りができるか、それは前輪は操舵、後輪は駆動というように別々の役割を行うためタイヤにより強い力を加えることができるのです。
また発進時は荷重が後ろにかかってしまい、前輪駆動の場合は力が分散し空回りしやすいのですが、後輪駆動の場合は力がかかり加速に有利なのです。
コーナーリング時も前輪駆動の場合アクセルを踏み込むとタイヤが真っ直ぐ進もうとするためアンダーステアリングになりやすいのですが、後輪駆動は車を押す形になりハンドリングを行いやすいといったことでスポーティな走行が可能なのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿