ドラムブレーキってなに?徹底解説

自動車のブレーキには、主にディスクブレーキと呼ばれるものと、ドラムブレーキと呼ばれるものがあります。ディスクブレーキというのは、車輪と一体になって回転しているディスクローターを、両側からブレーキパッドで挟みこむような形で回転を止め、制動力を得る仕組みであるのに対して、ドラム式はローターではなくドラムが車輪と一緒に回転しており、それを内部の内側から外側に向けてブレーキシューと呼ばれる部品を圧着させて制動力をえる仕組みになっています。

ドラム式のブレーキはディスク式に比べると、放熱性が悪いために徐々に制動力が落ちていくというデメリットがあります。ただ普通に走る分には止まらないというわけではなく、むしろ非常に強い制動力を発揮し、多くのクルマで採用されています。また、ドラム式のブレーキにはディスク式にはないメリットもあります。それは製造コストを抑えることができるということです。

現行型のクルマでは、高い制動力を得るために前輪をディスク式のブレーキにして、後輪はドラム式のブレーキにしてコストを下げているクルマが多いです。それに対して、スポーツカーなどは4輪ともディスクブレーキを採用しているクルマが多いです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿