電気自動車が環境にいい理由

電気自動車とは、その名の通りに電気を動力源として走る車です。従来の車はガソリンを燃焼させることで発生するエネルギーを使用してモーターを回していたため、二酸化炭素やNOXなどを含んでいる排気ガスによる大気汚染の問題がありました。しかし、電気を使うことで排気ガスを全く出さずに走ることができます。これが他の車にはない大きな特徴になっています。ガソリンはエネルギーの一部しか使えない効率の悪さがありますが、電気は多くのエネルギーを走行に使えるという効率の良さがあります。発電所からは二酸化炭素が排出されていますが、このエネルギー効率の良さから、ガソリンを使うよりも二酸化炭素の排出が抑えられます。また、ガソリンを燃焼させずに済むため走行中の音も小さく、騒音になりません。このように環境に優しい車になっています。
電気を動力にすると1度に走れる距離が短くなり、パワーも小さくなるという問題点がありましたが、技術の発達によって性能は上がっており、以前よりも長距離を走れるようになっています。充電できるステーションの数も増えているため充電しやすくなっており、使い勝手は良くなっています。一度に長い距離を走らない場合はそれほど問題にはなりません。また、普及に伴って車両価格も下がっているため、購入しやすくなっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿