悪天候下での走行安定性の低下

悪天候の暴風雨、雪、道路凍結、ブラックアイスバーンの走行安定性を考えます。先ず、雨についてはタイヤのスリップがあります。交差点やカーブでの横滑りです。タイヤが摩耗していると、道路とタイヤの間に雨の膜が出来て滑り易くなります。又、雨が酷くなるとワイパーを使用しても視界が悪くなります。特にドアミラーでの横側、後方は注意します。風は横風に注意します。高速道路のトンネルから出た時、山の間から広い所に出た時に急に横風が吹くので自動車が横に流され事故の危険が高まります。前方や後方からの強風も自動車の安定が悪くなります。雪はチェーン装着しないと走行が困難になりますし、チェーン装着しても過信は禁物です。走行中急に降ってきた場合は低速にし安全な所に行き停止します。坂を下っている場合は滑りに注意します。道路の凍結は郊外の山間等に多いです。雪と同様に滑りに注意します。特にブラックアイスバーンには細心の注意をします。一見凍っていない様に見え、滑ると自動車の制御が出来なくなります。天候の状態をよく把握して、夜間や坂道は低速運用を心掛けます。又、雨天等でのアンチロックの機能については覚えておく事が良いです。以上の様に悪天候の場合走行安定性がとても悪くなります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿