‘2014/08’ カテゴリーのアーカイブ

補助標識とは

2014/08/03

補助標識は、本標識の内容を補足することを目的に本標識と一緒に掲示される標識です。標識は全て白地で、黒色の文字や絵で内容を示したり、赤色の矢印で指示していたり、表示の方法は様々です。
よく見かける表示についていくつか例を挙げると、「駐車禁止」の標識のすぐ下に「二輪を除く」と「ここから」という文字が書かれた2種類の標識があった場合は「この標識から先の区間は二輪車を除く車両の駐車は禁止」ということを意味します。この内容の標識の場合、四輪車はその先の区間で駐車をすると交通違反になりますが、二輪車であれば駐車していても交通違反にはなりません。この内容の標識がある場合は、その先には「駐車禁止」の本標識の下に「ここまで」と、駐車禁止区間の終了を示す標識が立てられていることが多いです。
また「大型貨物自動車等通行止め」の標識のすぐ下に「トラックを示す絵」と「積3t」という文字がかかれた標識が立てられているのもしばしば見かけます。この場合は「最大積載量が3t以上の貨物自動車はこの先は通行止め」という意味になります。この標識は住宅地などの閑静な場所において、交通事故の防止と車の通行時の騒音対策として立てられていることが多いです。

案内標識とは

2014/08/03

普段我々が目にしている信号機は、三つの色から作られています。すなわち、緑色、黄色、赤色の三色から成り立っており、緑は進行許可、黄は進行停止、赤は進行不可を表しています。緑色信号のことを日本では法令上及び習慣上は青色信号と言いますが、これは世界的には稀なことです。このことを例に、日本人は緑と青の区別がつかないなどと誤解されたりもしています。
信号機のそばに案内標識が併設されることがあります。車両通行のための信号機のすぐ隣に、交差点名や地名が書かれている信号機をみたことがある方も多いと思います。これは「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」という法律に基づく政令において、「著名地点」、ないし「主要地点」として設置することができるとされているのです。
これらの信号機、標識の基準は、世界共通の基準でつくられています。すなわち、上記に述べた三色の原則は世界共通であり、ルールも世界共通です。これらの取り決めは、1968年ウイーンで「道路標識及び信号に関する条約」で定められ、世界のほとんどの国が締結し批准しています。ですから、日本人が海外に行っても交通ルールで戸惑うことはあまりなく、また外国人が日本を訪れても、交通ルールに関しては戸惑うことはあまりありません。
日本では、東京五輪に向けて標識にローマ字を追加するなどの措置を今後取ることが予定されています。

警戒標識とは

2014/08/03

車の運転に際して、運転者の警戒を喚起するために、標識が設置されています。
警戒標識と呼ばれています。
これは、国土交通省の管轄下にあって、道路管理者が設置するものです。
標識の形状は、黄色地に黒ふち、黒模様の菱形で、一般的な大きさは一辺が45cmです。
「動物が飛び出すおそれあり」「上り急勾配あり」「 道路工事中」「落石のおそれあり」「幅員減少」などがよく知られています。
ほかにも、 「学校、幼稚園ん、保育園等あり」がありまして、言うまでもなく、これは、前方に学校や幼稚園、保育所などがあることを示しています。
運転手としては通常に増しての細心の注意を払って運転するようにとの意図をもって、警戒を発しているものです。
なお、「学校、幼稚園ん、保育園等あり」は道路標識の一種である指示標識の「横断歩道」とデザインが似ていますが、注意対象はもちろん、標識の形や色も違います。
混同しないように注意しなければなりません。
このように、運転にリスクはつきものですので、多くの標識を設置することでドライバーに意識を持たせて、事故を少しでも減らしていく処置をとっています。
車の運転免許をとるにあたっては、多種類の標識の意味と内容をしっかり把握して、頭に入っていることが、学科試験で試されるのです。

指示標識とは

2014/08/03

指示標識とは道路法や道路交通法に基づいて、路側や道路情報に設置され、4種類からなります。第一は、道路利用者に路線名・行く先・距離・高速道路入り口案内などの経路案内や、行政境界・地名・駐車場・SA・料金所などの道路サービス施設情報を提供する案内です。第二は、交差点や道路方向の屈曲や幅員変化などの道路形状や交通量についての予告や警告、さらに工事・路面状況・気象状況などを示す警戒標識などです。第三は、速度規制・駐停車規制・通行規制などの交通上の禁止や制限・指定情報を伝える規制標識などです。第四は、駐停車可・優先道路・中央線指定・横断歩道など、運転者・歩行者に許容される内容を伝えるものです。

軌道敷とは道路上に路面電車が通行するのに必要な併用軌道のことです。敷石や線で示されています。車両は道路を右左折・横断・転回するので、危険を避ける時以外は軌道敷への進入は禁止されているのが普通です。ただし路面電車の通行を妨げない範囲で軌道敷内通行可とされる場合もあります。それは第一に、道路左側から軌道敷を除いた部分の幅員が当該車両の通行に不十分な時、第二に、当該車両が道路の損壊や工事その他の障害のため左側部分から軌道敷を除いた部分を通行することができないとき、第三に「軌道敷内通行可」の標識による時、です。

優先道路とは、交差する複数の道路のうちどれか一つの通行が優先されるという道路交通法上認められた道路です。具体的には、そのことを示す標識がある、交差する相手側道路に規制標識がある、中央線や車両通行帯などの道路標識が交差点の中にまで連続して設けられている道路、を指します。

交通規制などを示す標示板って?

2014/08/03

交通規制などを示す標示板っていうものは、標識と呼ばれ、車で走行している人にとっても分かりやすい位置と大きさで表示されています。その種類はさまざまであり交通規制、方向指示、警戒、案内などの内容によってデザインも変わってきます。方向指示を示すものは青色で白い矢印によって表現されており、矢印で表示された方向以外は進行することが出来ないという指定方向外進行禁止をあらわすものがあります。また警戒をあらわすものはひし形のプレートに黄色い地で黒色のシンボルで表示されています。
また表示板には、シルエットや矢印のみをあらわす単純なデザインのもの以外にも、文字や数字が補助的に入っているものもあります。交通規制の場合でしたらその時間帯が表示されていることがあります。表示の仕方は数字のみのシンプルなものとなっています。車を運転している人がパッと見て分かりやすいように必要最低限の文字や数字で構成されており、あまり多くの言葉を使いません。
また道路に直接標示があるものもあります。速度制限や止まれの指示などで、停止線のあるような場所ではこのような指示が標示板と道路上の両方に渡って表示されていることが多いです。最近では夜間走行でも見えやすくするため光るものやライトの光に反射される素材のものも登場しました。

速度が速すぎても遅すぎても燃料消費量は多くなるって知ってました?

2014/08/03

テーブル速度を出し過ぎると自動車の燃料消費量が増えるのは当然のことですが、そのためすこしでも燃費を良くしようと常に低速で走り続けているという人もいるのではないでしょうか。
しかし、実はこのような走り方もまた燃費を悪化させる原因となるのです。

つまり、自動車というのはスピードを出しすぎても出さなすぎても、燃費が悪化してしまうのです。
これはエンジンの効率のよい部分というのが、低速と高速の間ぐらいにあるため低速で走り続けているとその分、燃費が落ちてしまうのです。
これを人間でたとえるなら、自転車を目一杯こぐとスピードは出ますが体力を消耗してしまいます。
この体力の消耗が自動車で言う燃費に当たる部分なのですが、それでは自転車を極めてゆっくりと漕いだらどうなるかというと、やはり勢いがつかない分だけ体力を消耗してしまいますよね。
自動車というのもこれと同じような状況で、速すぎてはエンジンのパワーを必要となるので、燃料を消費してしまいますが、遅すぎても勢いが無いためやはりエンジンパワーを必要としてしまい燃料を余計に消費してしまうのです。
そのため、できるだけ燃料を節約したいというのであれば、適度のスピードを出して走行する必要があるのです。

急発進や不必要なアイドリングがNGな理由

2014/08/03

デスク01ガソリン代の高止まりや、世界的に問題になっているCO2削減問題を考えると、一人ひとりがエコを意識した運転を心がけることは大切です。エコカーを所有していなくても、ちょっとしたことでエコに大きく貢献することができます。

たとえば、急発進や急加速をしないことです。自動車は発進時や加速時に最もガソリンを使います。しかし、ゆったりと発進したり、加速したりするように心がけると、ガソリン消費を大きく抑えることができます。クリープ現象を利用してゆっくり発進させるのがコツですね。

また急ブレ-キも良くありません。信号が赤に変わっていることがわかれば、アクセルから足を離して惰性で走り、ゆっくりブレーキをかけていけば、その分ガソリンを消費せずにすみます。急ブレーキはブレーキパッドも早くすり減ってしまいます。

また、意味のない空ぶかしも止めましょう。エンジンを切る前に空ぶかしする人がいますが、騒音は周りにも迷惑になります。できればアイドリングもストップしたいものです。特に駐停車しているときはエンジンを切るのがマナーです。信号機で止まったときは、計算上アイドリングが5秒以上となった場合、エンジンをスタートするときよりもガソリン消費が多くなるようです。

交通公害の防止

2014/08/03

}PgžxQ戦後日本の社会は急速に発展してきました。それはあらゆる分野において顕著に現れており、世界中から一目を置かれる世界でも有数の発展した国と言われています。しかしながら、その急速な進化と引き換えに色々な公害問題が発生しているのも事実です。高度経済成長期には四日市ぜんそくや水俣病などの深刻な公害が問題となりました。今現在発展途上国で起こっているような公害が、過去には日本でも発生していました。しかしながら、現在では厳しい基準が設けられてそのようや公害はかなり減少しています。しかしながら、現在でも中々解決に至らない問題も存在しています。それは交通公害です。これは、車や電車、飛行機などによって発生するもので今現在深刻な問題わ、抱える地域が数多く存在しています。車の排気ガスや電車、飛行機による騒音問題など解決するには難しいことが多く、国が動く必要のある大きな問題となっています。これを防止するためには、まずは車を使用している人が無駄なアイドリングを減らしたり、制限速度などもしっかりと守って運転をすることが第一歩と言えるでしょう。小さな事からしっかりと行っていくことで、少しでも問題を緩和していくことが求められています。

交通規制と車が引き起こす環境問題について

2014/08/03

ベッド現在のテクノロジーでは、豊かな自然環境と自動車社会との共存は難しく、その環境を瑕疵なく次世代に引き渡すのは難しいと言えます。その前提に立って、この論考では交通規制がどの程度環境へのインパクトを減ずることができるかを検討します。北海道摩周湖のケーススタディです。

近年摩周湖周辺の樹木が立ち枯れを起こしたり湖の透明度が低下してきています。湖直近まで乗り入れる多数の自動車の排気ガスが一因と想起され、摩周湖展望台までの乗り入れに対し規制を求める声がありました。しかし観光関係者からは規制によって観光客が減り、産業への影響が出るという懸念もありました。問題は自然環境と観光業との両立ということになります。

そして自治体と釧路公立大学との連携、また行政機関や地元住民の協力で、平成19・20年度の2カ年で、一定期間のマイカー乗り入れ規制をするエコ交通実験を実施しました。「環境に優しい観光交通体系の構築に向けて」というスローガンで、摩周湖への道路におけるマイカー規制や代替バス運行、各種イベントが開催されました。

調査の中心は、観光者の消費実態分析と意識分析により、環境を守りながら地域の観光消費を高めていく可能性を探るものでした。観光消費減少を懸念する声に対しては、実験開始の前年に観光者の意識・消費の実態調査を行って、規制を支持する観光者が実は多いこと、地元における観光消費学が大きい場所ほど環境を守る意識が強く、マイカーの乗り入れ規制を求めていることを実証的に示すことができました。

最近の投稿