交通規制と環境問題

椅子01よくニュース等でも交通規制と言う言葉をよく耳にする事が有りますが、これは人身事故などで道路に障害等が起きた場合に交通量を規制して現場検証や修復工事を行う為に主に警察が行う行為です。その他にも高速道路の集中工事等で行われる場合も有りますので、その時は平均スピードも落ちる為いつもより交通事故に注意する必要が有ります。

その他にも渋滞と言う弊害も起きる為に全体的に排気ガスの量も増加して、環境汚染の原因になる可能性が有ります。どちらにしても規制される程の事情が起きている事は、工事を除いては環境の損傷が起きている事も少なくなく排気ガスの問題を含めて警察や自動車のドライバーが環境に与える損害は大きいとも言えるでしょう。

現在は他の面でも環境問題はこれまで以上に重視されていますが、交通関係は一般人でも関わっている問題ですので一人一人の心がけによって減らす事も出来る問題ですので、規制を減らす事で渋滞を減らし排気ガスの排出量を減らしたり、出来るだけ公共交通機関を利用する事によって環境を守る事も出来ます。環境問題とドライバーのマナーは一見関係無い様に見えますが、大きく環境に影響を与えている事に常に注意をしなければなりません。